【節税対策】財産の分類:不動産

不動産の節税対策 【このページ内の目次】 ...他の分類も含めた索引を見る 土地の評価額を見直す 居住用の不動産なら配偶者へ贈与する 不動産を貸す 土地にアパートを建築する 建物をリフォームや解体する 節税への道:土地の評価額を見直す まずは相続財産の中でも大掛かりなところからか~。 割合が高い部分だから、上手に節税していけたらいいね。 こ

▼続きを読む

節税対策の全容を掴みたい!【財産の分類から逆引き】

「相続税の節税……いざ調べてみると、色々なアプローチがあるんだな。  項目別にざっと分類するなら、全体としてはこんなものか?」 不動産 土地の評価額を見直す 居住用の不動産なら配偶者へ贈与する 不動産を貸す 土地にアパートを建築する 建物をリフォームや解体する 現金・預貯金 暦年贈与する 特例を活用して贈与する 生命保険を利用する その

▼続きを読む

Q06. 税理士に頼むと相続税が低くなる?

Q and A 更新しました。 Q06. 税理士に頼むと相続税が低くなる?up! 同じ土地であっても、評価を行う税理士によって評価額は変わることがあります。実は相続税に関しては苦手な税理士が多いので、そういう税理士だと評価額が高く見積もられがちで、相続税が得意な税理士であれば、逆に評価が低くなることが多い。結果として相続税が低くなる可能性があります。 閉じる

▼続きを読む

家族のためにも考えよう、実は身近な相続税のこと【2/5】

2:軽々しく言えない・聞けない、大きなお金のハナシ 今回、お話の中心になるのは、茨城県阿見町にお住まいの50代女性・C子さんです。 実家の家族構成は、80代前半になるご両親のA郎さんとB代さん、少し歳の離れた弟のD介さん。 それから自分の家庭として、結婚した夫と、既に成人した2人の子がいます。 C子さんは、小さな頃から面倒見の良い長女として、家族の中でも落ち着いたしっかり者でした。

▼続きを読む

家族のためにも考えよう、実は身近な相続税のこと【1/5】

1:税制改正と、開発・区画整理による地価上昇の影響 相続税について、「資産家になると大変だろうね」といったイメージをお持ちであったり、 「まだ先のことだろうから」とお考えの方も、そう珍しくないことでしょう。 しかしながら、相続税について正しく把握した上で「自分には関係ない」、 「今はまだ大丈夫」と言い切ることのできる方は、どれほどいらっしゃるでしょうか。 相続や税にまつわる実態を

▼続きを読む