相続時精算課税を利用する時の注意点

贈与税の一種に「相続時精算課税」という制度があります。 これは贈与した財産について、将来相続税として課税することとし贈与時点では贈与税を課税されないようにするというものです。 贈与した財産の価額から2,500万円まで控除でき、それを超えた金額については一律20%の贈与税を納めます。またここで納めた贈与税は改めて相続税として課税された金額から控除することができます。 将来相続税とし

▼続きを読む

株式は相続財産?

ある会社の社長様がいらっしゃいました・・・節税対策?! 今日は何かご相談があって、どこかの会社の社長さんがこられたようだね。今回は相続税の観点から考えた、株式価値の話のようだよ。そういえば株式は税務上どういう評価になるのか、疑問があるのかも知れないね。 なんだか難しそう。ともかく、まずはじっくりお話しを聞いてみよう。 ----平成27年以

▼続きを読む

3代相続があると財産が無くなるという噂を検証してみました

3代相続すると財産がほとんどなくなるという話を聞いたことがあるかもしれません。このような噂話が出るくらい相続税は重税であるということなんでしょうが、今回はその3代相続無くなる説の金額を具体的に検証してみました。設定は財産が10億円、相続人は妻と子供2人、配偶者の税額軽減など特例は一切使わないこととします。ちなにみこの計算はFreeな相続の「簡単相続税計算」を使って計算してみました。 初代

▼続きを読む

財産の種類を変えるだけで相続税が大きく変わる?

最近、生命保険の営業マンなどのお話を聞くと「一時払い終身保険」が売れていると言っています。実はこれも改正により基礎控除が下がったことが影響しているためと思われます。相続が発生した場合、亡くなった方に生命保険が掛けられていると保険金がおります。保険金は契約に基づき受取人が受取りますので本来相続財産にはなりません。しかしながら亡くなった方が保険料を負担していた場合には「相続財産とみなして」相続税の課税

▼続きを読む

請求手続きで、納付した相続税の一部が戻ってくる?

相続税は、対象となる財産の総額が基礎控除額を超えなければ、課されることはありません。 しかしその反面、前提となる見通しを誤ると、思わぬところで巨額の税金を支払う可能性が出てきます。 ⇒ 特に平成27年度以降の相続は、税制改正により基礎控除額が引き下げられているため要注意! 相続の発生後に税務署から申告書が届いた場合、申告や納税には一定の期限が設けられていますが、 手続きの際

▼続きを読む