請求手続きで、納付した相続税の一部が戻ってくる?

相続税は、対象となる財産の総額が基礎控除額を超えなければ、課されることはありません。 しかしその反面、前提となる見通しを誤ると、思わぬところで巨額の税金を支払う可能性が出てきます。 ⇒ 特に平成27年度以降の相続は、税制改正により基礎控除額が引き下げられているため要注意! 相続の発生後に税務署から申告書が届いた場合、申告や納税には一定の期限が設けられていますが、 手続きの際

▼続きを読む

借金をすると相続税が減ると勘違いしている人いませんか?

相続税の相談を受けていると、相続税を減らすために借金をしようと言う方がたまにいらっしゃいます。たしかに借金があると債務控除といって相続税を計算する際に相続財産から控除するので相続税が減ることになります。しかし借金をすれば当然ながら現預金という形で財産も増えるため、ただ借金をするだけではプラスマイナスゼロとなり相続税は全く変わりません。ではその相続税を払うのが嫌だから、その借金した現預金を消費してし

▼続きを読む

空き家になると固定資産税が増えるってホント?

古くなった空き家が放置され、火災や倒壊などで危険が増えているというニュースをご覧なった方もいると思います。これらの問題を対応するため平成27年2月26日から「空家等対策推進法」が施工されています。こういった問題の対策の一環として、空き家にかかる固定資産税が増えることとなります。(平成27年度税法改正)・土地や建物を持っていると固定資産税がかかる。固定資産税は1月1日において不動産の所有者に課税され

▼続きを読む

農地の固定資産税が増えるってホント?(平成28年度税制改正)

田んぼや畑って固定資産税が少ないですよね。でも今後はその農地の固定資産税が約1.8倍に増える可能性があります。現在農地はその特殊性を考慮して一定率(平成27年度は0.55)を乗じて評価され、その評価額に基づき固定資産税が課税されていました。平成29年度からは一部の農地につきその措置が廃止されることとなりました。その一部の農地とは具体的にどんな農地かというと、農業委員会による年1回の利用状況調査の際

▼続きを読む

【節税対策】財産の分類:その他

その他の節税対策 【このページ内の目次】 ...他の分類も含めた索引を見る 養子をとる 節税への道:養子をとる 「家族のために上手に財産を遺せるように」って相続税の 節税を工夫しているのに、『節税目的で家族を増やす』?? そう考えると、何だかおかしな気もしてくるような…… 『養子をとる』のも節税対策になるの? 相続税の節税効果を考えれば

▼続きを読む