Q06. 税理士に頼むと相続税が低くなる?

Q and A 更新しました。 Q06. 税理士に頼むと相続税が低くなる?up! 同じ土地であっても、評価を行う税理士によって評価額は変わることがあります。実は相続税に関しては苦手な税理士が多いので、そういう税理士だと評価額が高く見積もられがちで、相続税が得意な税理士であれば、逆に評価が低くなることが多い。結果として相続税が低くなる可能性があります。 閉じる

▼続きを読む

家族のためにも考えよう、実は身近な相続税のこと【2/5】

2:軽々しく言えない・聞けない、大きなお金のハナシ 今回、お話の中心になるのは、茨城県阿見町にお住まいの50代女性・C子さんです。 実家の家族構成は、80代前半になるご両親のA郎さんとB代さん、少し歳の離れた弟のD介さん。 それから自分の家庭として、結婚した夫と、既に成人した2人の子がいます。 C子さんは、小さな頃から面倒見の良い長女として、家族の中でも落ち着いたしっかり者でした。

▼続きを読む

家族のためにも考えよう、実は身近な相続税のこと【1/5】

1:税制改正と、開発・区画整理による地価上昇の影響 相続税について、「資産家になると大変だろうね」といったイメージをお持ちであったり、 「まだ先のことだろうから」とお考えの方も、そう珍しくないことでしょう。 しかしながら、相続税について正しく把握した上で「自分には関係ない」、 「今はまだ大丈夫」と言い切ることのできる方は、どれほどいらっしゃるでしょうか。 相続や税にまつわる実態を

▼続きを読む

家族のためにも考えよう、実は身近な相続税のこと【5/5】

5:結局のところ、自分にとってのベストな方法とは? C子さんは持ち前の粘り強さで、ある程度の情報を集めることができました。 ブラウザのお気に入りに追加した沢山のページや、後から読み返しやすいよう印刷した紙、 自分で内容をまとめたメモ書きの束などを眺めると、ずいぶん頑張ったように思えます。 賃貸物件を建てるべきという話、節税方法としてはイマイチだという話、C子さんは色々な意見を目にし

▼続きを読む

家族のためにも考えよう、実は身近な相続税のこと【4/5】

4:相続税って、他人事じゃないの? ~少し踏み込んで~ ここで一度、C子さんの立場を例にして、相続の概要を振り返ってみましょう。 今のご家族の健康状態から予測するとしたら、被相続人になる可能性が 一番高いのは、高齢で持病を持つ、父であるA郎さんです。 その場合、相続人になるのは、A郎さんの配偶者であるB代さんと、 それから実子であるC子さん・弟のD介さんで、計3人となります。

▼続きを読む