【節税対策】財産の分類:非上場株式

非上場株式の節税対策 【このページ内の目次】 ...他の分類も含めた索引を見る 納税猶予の特例を利用する 株式の評価額を下げる 生前贈与を利用する 節税への道:納税猶予の特例を利用する 中小企業の非上場株式には、相続税と、贈与税にも 『納税の猶予の特例』が認められるケースがあるみたい。 公的なパンフレットを紹介するなら、このあたりかな。 国税庁

▼続きを読む

【節税対策】財産の分類:現金・預貯金

現金・預貯金の節税対策 【このページ内の目次】 ...他の分類も含めた索引を見る 暦年贈与する 特例を活用して贈与する 生命保険を利用する その他有効な消費 節税への道:暦年贈与する 次は、現金や預貯金に関する節税対策かぁ。 これは不動産の節税でも触れた『贈与』と同じ? 相続対象になる財産をあらかじめ上手く分配しておいて、 最終的に相続時の負

▼続きを読む

【節税対策】財産の分類:不動産

不動産の節税対策 【このページ内の目次】 ...他の分類も含めた索引を見る 土地の評価額を見直す 居住用の不動産なら配偶者へ贈与する 不動産を貸す 土地にアパートを建築する 建物をリフォームや解体する 節税への道:土地の評価額を見直す まずは相続財産の中でも大掛かりなところからか~。 割合が高い部分だから、上手に節税していけたらいいね。 こ

▼続きを読む

節税対策の全容を掴みたい!【財産の分類から逆引き】

「相続税の節税……いざ調べてみると、色々なアプローチがあるんだな。  項目別にざっと分類するなら、全体としてはこんなものか?」 不動産 土地の評価額を見直す 居住用の不動産なら配偶者へ贈与する 不動産を貸す 土地にアパートを建築する 建物をリフォームや解体する 現金・預貯金 暦年贈与する 特例を活用して贈与する 生命保険を利用する その

▼続きを読む

Q06. 税理士に頼むと相続税が低くなる?

Q and A 更新しました。 Q06. 税理士に頼むと相続税が低くなる?up! 同じ土地であっても、評価を行う税理士によって評価額は変わることがあります。実は相続税に関しては苦手な税理士が多いので、そういう税理士だと評価額が高く見積もられがちで、相続税が得意な税理士であれば、逆に評価が低くなることが多い。結果として相続税が低くなる可能性があります。 閉じる

▼続きを読む